【大阪版】植毛の費用が安いクリニック5選!

大阪府にある植毛の費用が安いクリニックはどこ?

植毛の術後にタバコを吸うのは大丈夫?

time 2016/11/03

植毛の術後にタバコを吸うのは大丈夫?

植毛の術後にタバコを吸うのは大丈夫なの?

普段から喫煙している方にとって、一定期間でもタバコから離れた生活を送るのは厳しいものです。

しかし、結論から言うと植毛の術後にタバコを吸うのはNGで、クリニックの医師からも「一定期間は禁煙してください」と言われます。

なぜ自毛植毛の術後にタバコを吸うのがダメなのか詳しく理由を見ていきましょう。

頭皮の血流が悪くなる

タバコを吸うと煙である一酸化炭素を体内に入れている形となり、細胞が酸欠状態に陥って血流が悪化します。

  1. 私たちの血液の中には赤血球が含まれている
  2. 赤血球の中のヘモグロビンは酸素と結合して全身を巡っている
  3. 喫煙で一酸化炭素が体内へと入り込むと酸素の200倍以上の力でヘモグロビンと結合する
  4. 酸素に代わって一酸化炭素が全身を巡る形となる
  5. あらゆる細胞が酸欠状態に陥って血流不足となる

このようなメカニズムとなっており、血流が悪くなるのは頭皮も一緒です。

つまり、自毛植毛の術後にタバコを吸うと毛根や毛母細胞へと酸素や栄養素が行き渡りにくくなり、成長が阻害されるので移植毛が抜け落ちやすくなります。

ニコチンやタールといった化学物質による影響は非常に大きく、アフターケアの一環として自毛植毛後の禁煙は欠かせません。

身体が興奮状態に陥る

タバコに依存性があるのはありとあらゆる化学物質の影響で、身体が興奮状態に陥って快楽へと繋がるメカニズムです。

興奮状態が続くと自律神経の交感神経が優位な状態となり、十分な睡眠が得られなくなって成長ホルモンの分泌量が低下します。

私たちの髪の毛は成長ホルモンによって成長しているので、分泌量が低下すると自毛植毛で移植した髪の毛にも大きな弊害が生じるのです。

また、海外の研究では喫煙によってAGAの引き金となるDHT(ジヒドロテストステロン)が増加しやすいことが分かり、植毛後でなくてもフサフサの髪の毛を残すためにタバコはできる限り避けた方が良いでしょう。

植毛後は何日間に渡ってタバコを我慢すれば良い?

明確に決められているわけではありませんが、植毛後はドナーが頭皮へと定着するまではタバコを我慢すべきです。

1週間~2週間くらいは禁煙した方が良いと言われているものの、タバコが髪の毛に与える悪影響は計り知れないので自毛植毛手術を機にやめてみてはいかがでしょうか。

禁煙を成功させるのは難しくても、現在ではニコレットを中心とする様々なグッズが登場しているので是非一度試してみてください。

プロフィール

植毛太郎

植毛太郎

大阪は梅田在住の40代。38歳の時に植毛の手術を受けた経験アリ。当ブログでは、その時に集めた情報を公開しています。プロフィール写真は植毛前のイメージ画像です(笑)