【大阪版】植毛の費用が安いクリニック5選!

大阪府にある植毛の費用が安いクリニックはどこ?

植毛後に後悔する人の特徴

time 2016/11/03

植毛後に後悔する人の特徴

植毛後にどのような症状で後悔するの?

日本で実施されている植毛手術は、自分の髪の毛を移植する自毛植毛が主流です。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもBランクという高評価を得ており、AGAで悩む男性やびまん性脱毛症を発症している女性から注目を集めています。

しかし、外科的な手術である以上は何かしらの失敗のリスクがあり、自毛植毛後に後悔している人はゼロではありません。

植毛後にどのような症状で後悔するのか幾つかの例を挙げてみました。

  • 火傷が原因で失われた髪の毛を補充するために自毛植毛を受けたが、傷跡部分の皮膚が硬くなっていて定着率が下がった
  • 手術後に想像以上に頭皮がむくんだり腫れ上がったりして職場の人にバレてしまった
  • 医師の技術力が低く、植え方が間違っていて生え際のギザギザがなく一直線になってしまった
  • 費用の安さでFUT法による自毛植毛を受けたが後頭部の傷跡が想像以上に目立った
  • イメージとは違って密度が低く、頭頂部がスカスカになって満足にヘアセットできない

「術後に副作用が引き起こされた」「術後に不自然な髪型になった」という理由で後悔している方が多いようです。

植毛後に後悔する人の特徴は?

以下では、植毛後に後悔する人の特徴を見ていきましょう。

  • 事前にしっかりと下調べせずにクリニックを決めて、技術力の低い医師による手術を受けてしまった
  • 無料カウンセリングや打ち合わせの段階で医師と一緒にヘアデザインを決めていなかった
  • ゴシゴシとシャンプーをしたり激しい運動をしたりと術後に間違ったアフターケアをしていた

安全性が高いとは言っても外科的な処置を施す点では一緒なので、クリニック選びは慎重に行わなければなりません。

「費用が安いからどこでもいいや」と安易な考え方をしていると失敗しやすく、「薄毛が改善されなかった・・・」と後悔してしまいます。

植毛後に後悔しないために押さえておきたいポイント

植毛後に後悔しないために、押さえておきたい3つのポイントを以下ではまとめてみました。

  • 評判が高く、名医が在籍しているクリニックを受診して自毛植毛を受ける
  • 最先端の方法による自毛植毛が実施されているクリニックを選ぶ
  • 手術を担当する医師が事前に自分のヘアデザインの要望をしっかりと聞いてくれる

信頼できるクリニックを探し、事前にヘアデザインの打ち合わせをしていれば失敗のリスクは圧倒的に低くなります。

特に、生え際の自毛植毛は繊細な技術が必要だと言われているので、適当にクリニックを選ばないように注意してください。

プロフィール

植毛太郎

植毛太郎

大阪は梅田在住の40代。38歳の時に植毛の手術を受けた経験アリ。当ブログでは、その時に集めた情報を公開しています。プロフィール写真は植毛前のイメージ画像です(笑)